Entrance@RAG
入学式をもっと楽しむWebマガジン
menusearch

人気の卒業ソングランキング【2019】

卒業ソングランキングから視聴回数が多い順に月間ランキングトップ100を一挙に紹介します!

卒業シーズンはおめでたい反面、友人や職場の仲間や上司との別れなどさみしいこともあります。

卒業ソングは別れを惜しむ曲や、感謝を伝える曲などストレートに心にしみる名曲がたくさんあります。

送別会の余興で歌をプレゼントするという方も、ぜひ参考にしてみてください。

プレイリストも毎週更新中です!

もくじ

ランキング 1位〜10位

1位|友 〜旅立ちの時〜ゆず

ゆずの通算38枚目のシングルとして2013年に発売されました。

「第80回NHK全国学校音楽コンクール」中学校の部課題曲に起用された曲です。

卒業をしてそれぞれの道に進む友達への感謝や、変わらない友情を感じる曲です。

2位|3月9日レミオロメン

レミオロメンの2作目のシングルとして2004年に発売されました。

もともとはメンバーの共通の友人の結婚式を祝うために作られた楽曲だそうです。

しかし、フジテレビ系ドラマ「1リットルの涙」で使用されたことがきっかけで卒業ソングの大定番となりました。

小中学校では卒業式や合唱などでよく歌われいる曲です。

3位|遥かGReeeeN

GReeeeNの11作目のシングルとして2009年に発売されました。

東宝配給映画「ROOKIES -卒業-」の主題歌に起用された曲で、旅立ちとともにこれまで愛情を持って育ててくれた両親への感謝の気持ちと自分の道を歩む決意を感じる曲になっています。

感謝の気持ちがあふれて涙してしまうような曲です。

4位|YELLいきものがかり

いきものがかりの15作目のシングルとして2009年に発売されました。

NHK全国学校音楽コンクール中学校の部の課題曲として制作された曲で、15歳のころの深く思い悩んでいた多感な時期を表現したメロディーと前向きな歌詞が印象的です。

卒業ソングとして卒業式や卒業生を送る会で使われる曲として人気がありますね!

5位|トモエ学園福山雅治

福山雅治の配信限定シングルとして2017年に発売されました。

黒柳徹子の半生を描いたテレビ朝日系列ドラマ「トットちゃん!」主題歌に起用された曲だそうです。

卒業に対する学生の複雑な気持ちが描かれていて、きっとあなたも共感できる部分が多いのではないでしょうか?

6位|旅立ちの日に・・・川嶋あい

川嶋あいの8枚目のシングルとして2006年に発売されました。

川嶋がI WiSH時代に発売した「明日への扉」の原曲で、高校時代、路上ライブをおこなっていたころから披露されていた曲です。

卒業にぴったりの歌詞でお世話になった友達や学校、教室などいろんな思い出がよみがえってきて思わず涙してしまいます。

7位|証flumpool

flumpoolの7枚目のシングル。

2011年9月7日にリリース。

2008~2010年度および2012年度のNHK全国学校音楽コンクール中学校の部課題曲として採用されました。

別れとそれぞれの夢への旅立ちを歌ったこの曲は、サビの美しいメロディーと切ないボーカルが心に染みる楽曲です。

8位|さよならの季節SHISHAMO

歌詞に登場する主人公は、今日で卒業してしまう先輩に密かに思いを寄せています。

しかし、思いを伝えることはできず、自分のことを忘れないで……という切ない恋心が描かれた曲です。

きっと、こういった経験をしたことがある方は多いのではないでしょうか?

9位|桜コブクロ

コブクロの12枚目のシングルとして2005年に発売されました。

フジテレビ系ドラマ「Ns’あおい」の主題歌に起用された曲で、第47回日本レコード大賞では金賞を受賞しました。

学生時代に経験した楽しいことやつらいこともこれから先の力になることが歌われています。

10位|ありがとうFUNKY MONKEY BABYS

FUNKY MONKEY BABYSの21枚目のシングルとして2013年に発売されました。

FUNKY MONKEY BABYSにとって最後のシングルであり、ジャケット、MVではお笑い芸人の明石家さんまが起用されました。

毎日放送/GAORA「第85回センバツ」、日本テレビ系「赤丸!スクープ甲子園」主題歌に起用されており、自分の側に居てくれた人への感謝の思いが伝わる卒業ソングです。

おすすめの記事あわせて読みたい